2007年09月23日

溝口肇チェロコンサート2007「yours;tears」

に行ってきましたよ。
紀尾井ホールでのコンサートはこれが3回目だそうなのですが、よく考えたら3回とも来てるわ。実は、さほど熱心に追いかけているわけではない…ように思っていたので(溝口さんごめんなさい;)我ながらちょっと意外だったり。
でも行けば行くだけほんわりしあわせになるコンサートです。

今日は初めて二階席だったのですが、だからなのかな、一曲目の最初の音がホールに響いたときに瞬間的に思ったのが、

「柔らかいけれど、決して薄っぺらくない自然な重みを持ったシルクの布が波打った感じ」

で、音が自分の方に届いたのです。
うわあ、と思いました。
それからちょっと考えたのが、

「牛乳じゃなくて、生クリームを少しだけ牛乳でといたものの波紋みたい」

同じ音の波を説明したくて出て来た言葉なんだけど…なんとなく、肌触りとか、わかってもらえるものでしょうか。
コンサートの最初から最後の「エスパス」まで、このゆったりとした波は変わることなく、ゆるやかに、でもしっかりと、客席まで届き続けたのでした。

クリスマスコンサートも行くぞー。今から楽しみです。ふふ。
posted by まつもとめいこ at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。