2008年06月22日

地図と手紙と恋のうた Words &Music

最終回に参加してきましたー。
ただいま帰りの電車でござる。

予想外に歌いっぱいのイベントで得した気分(笑)
でも、真綾ちゃんが「自分」を伝える手段として何を選ぶか? を考えたら、そういやそんなに意外なことではなかったんだな、と、今思った。

そうなの、今回はとても久しぶりにFC向けでないイベントだった訳ですが、真綾ちゃんとしても、「あまり坂本真綾を知らない人」を意識したMCだったり選曲だったりしまして、という中で、

「昔からのファンの人には懐かしい、坂本真綾をあまり知らない人には是非知っていてほしい、わたしの運命を変えた大事な曲」

として「約束はいらない」を高らかに歌って下さった日にはあなた! 泣くしか!!
私にとっても真綾ちゃんと出会った大事なだいじな宝物の曲を、真綾ちゃん自身の口からこうしてこれから真綾ちゃんを知っていく人達に紹介してくれるなんて、あう、うれし過ぎます…しあわせ。
しかも続けて「プラチナ」「マメシバ」の初期のキラキラヒットメドレーて! てか「マメシバ」をライブでやるのは2001年の学祭ライブ以来ですよ? イントロでびっくりさ! うれしいー! やっぱり泣くしか!!(笑)

その他セットリストは、まあそこら中に転がってると思うんですが、あとで追記予定。とりあえず書きたいことだけ先に書く。

バンドはドラム、ベース、ギター、ピアノ&キーボード、フルート&その他いろいろ(ピアニカとかグロッケンとか?)の男子五人。みなさん初顔?(違ってたらごめん)
春のイベントではチェロが入ってたのに代わってフルートだった感じですが、普通ならキーボードでやるようなパートがフルートだったりして、でまたこれがワタシ好みの太めのいい音だもんで、とてもよかったです。いいねフルート!
あと、ステージ真ん中にどでんとグランドピアノだったんだけど、キーボードよりピアノの方が多かったかな? 生バンドに生ピアノ、たまんねえ〜。かっこよかったー。
ドラムは結構ロックな感じ? 「約束はいらない」も割とロックなイメージのアレンジでドラムがきいてて、むしろ大人っぽかったです。これもすごいよかったのー!
あとベースはやっぱり「マメシバ」の後奏のアレが! これはオリジナルのアレンジに近かったので、あそこはベース見入っちゃったよ。あのオクターブ難しそうでした。…ってこんな指示代名詞だらけの文でわかるのか? いやきっとわかるだろう! てことで!
ギターは…ごめん、見えなかったせいもあるけど、特にコメントなし…すまねえ…

タナボタライブ以降、バンドメンバーは毎回変わっていて、楽器の構成もその都度違うけど、いつかやるだろうタナボタのために、いろいろトライアルをして、一番いいカタチを見極めようとしてるのかな、と、前回あたりから思い始めました。て遅すぎ?

そして最後に。
今回も真綾ちゃん本人が、めっちゃたっのしそー! に歌ってて、それがとてもうれしかったです。
一緒に踊れなくてごめん! て思いながら席で歌って体ゆすってました(^-^;
(スタンディングって感じの会場じゃないからさあ;)
あなたのそのハッピーをまた分けてもらえますように。
そして、あなたのそのハッピーの小さな種のひとつにどうか自分もなれていますように。

「好き」の想いは無敵だー!

と、そろそろ最寄り駅に着くので(笑)この辺で。
追記は明日かなー?
posted by まつもとめいこ at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 真綾ライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。