2007年09月11日

水彩自主練中

0709110.jpg

昨日久しぶりにジムに行ったら今日は疲れきって午前中は使い物になりませんでした。
ダメじゃん………
ていうか久しぶりじゃ意味ないのよね。ちゃんとコンスタントに行かねば体力はつきません。

と思いつつ、今日の午後は仕事が落ちつくまでお預けにしていた水彩の自主練をしてみました。
通ってる画塾で水彩を習い始めたはいいものの、どーにも勝手がつかめず途方にくれています。まあ、どんな画材も(CGも含め)数を描かないと仲良くなれませんので仕方ないです。

今回のお題はバレエ。ドンキホーテの舞台写真からいただいてみました。
バレエの絵は、実は衣装よりも体のラインを描くのがたのしいのですが、仕事では基本的にモノクロばっかなので、うきうきとカラー…なんだけど、うえーん、絵の具が言うこと聞かないよう〜。というよりはむしろ、自分の中でどう仕上げたいのかが今イチ見えていないのが原因。いや、絵の具だとどんな仕上げがいいのか全然わかんなくて…
なので、とりあえず塗って考えるか! とぐりぐりやってます。

写真は下地だけ塗ったところで、その4時間後には、一応今日はここまで、てとこまで終わりました。が、これで終わりにしていいのか全然わからん…ということで、明日画塾に行ったら先生に見てもらおうと思います。
あわよくば、このまま今月の画塾展(生徒の展覧会)に出しちまおうかと目論んでいますが、さすがに無理かしら…

ええとね、他にも自主練したいことは山ほどあって、リキテックスでしょー、カラーインクでしょー、イラレのパスも自由に引けるようになりたいでしょー、フォトショももっと便利に使えるようになりたいでしょー、デッサンも全然できないでしょー、

…………

先は長いぞ!
posted by まつもとめいこ at 19:59| Comment(4) | TrackBack(1) | おえかきモード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うっすら淡く浮かぶバレリーナさんがよく見たくて
写真拡大出来るかなーとか思ってしまいました(笑
アナログはアンドゥが無いので計画性が必須ですよねぇ。特に水彩は。

色んな画材をマスターすると楽しいでしょうね。
いつもながらアグレッシヴで凄いです。頑張って下さいね!
Posted by 泉樹 at 2007年09月12日 03:51
私も今年の夏、久しぶりに手描きに挑戦しました。
ターナーのアクリルガッシュを水彩塗りで使ったのですが、ガッシュの不透明度の高さに終始振り回されまくりでしたよ(汗)。

こんなカンジになりましたが。
http://sgtai.blog6.fc2.com/blog-category-3.html

カラーインクは学生時代に揃えたものが未だに・・・ああああ。
Posted by あい at 2007年09月12日 09:41
ワンフェスからカラーインクデビューしました。ピンク。
なんだか掴みきれない画材でした。
発色が綺麗すぎて、逆に難しいよ!

透明水彩は黄色が苦手で、ガッシュは粘り気があってやりにくい。カラーインクは皮膚に染みついて取れない感じ。
と、手に付けての感想でした。
Posted by at 2007年09月12日 18:20
●泉樹さん
できあがりはだいぶ感じが違ってきました。衣装の色がオレンジ系なので、ジゼルみたいに背景にぼんやり浮かぶって感じではないですね〜。いずれお見せできるか?と思うので、お楽しみに〜。

●あいさん
あいさんのガッシュ、かっこいいい〜! 大阪まで実物を見に行きたかったです;
うう、これくらいかっこよく綺麗に描けたら楽しそうだなあ…精進しますよ!

●伸さん
カラーインクはまだ手つかずです。ボトル萌えでウィンザー&ニュートンを揃えましたが、どうなることやら。
そして「手に付けての感想」て(笑)うっかりなめないよう気をつけて下さい。毒もあるからの。
Posted by めいこ at 2007年09月12日 19:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック


Excerpt: 水彩『クリスマス・イヴ』1904年 - 1905年水彩(すいさい)は、水を溶剤とする絵具|絵の具及びその絵の具を使用して描かれた絵画のこと。透明水彩(ウォーターカラー)と不透明水彩(ガッシュ、ボディー..
Weblog: 美術のきざはし
Tracked: 2007-09-29 12:08
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。